カードローンに対するイメージは昔と大きく変わった

カードローンの新常識

カードローンは、手軽にお金を借りられる便利なサービスです。一方で、カードローンは高い利息や返済に追われる、危険なものであるという認識もあります。しかし、現在のカードローンには様々な変化があり、利用のされ方も変わってきています。

 

 

また、借り方や返し方、カードローンの選び方も大きく変わってきました。新しいカードローンの変化についてまとめました。

 

来店不要で申込み

現在のカードローンは、来店不要で申込みが可能です。インターネットから申込みができるので、自宅のパソコンやスマホから申込みができます。インターネットのメリットとしては、手軽に申込みできる部分が大きいです。

 

お金を借りる手続きは不安、緊張する、という人が多く、対人での手続きを嫌がる人も多いです。インターネットなら自分のペースで、一人で申込みができるので、安心です。また、店頭に行くところを人に見られたくないという人にとっても、インターネットでの申込みは都合がよいでしょう。

 

いつでも借入れが可能

カードローンは、カードを使って借入れが可能ですが、時間や場所を選ばずに借りられるようになりました。カードローン会社のATMだけでなく、提携ATMでも借入れや返済が可能です。旅行先や出張先であっても、気にせずに利用ができます。

 

提携ATMの中にコンビニATMとも提携しているカードローンも多いです。現在24時間営業しているコンビニは多いので、時間も気にせず、例えば早朝や深夜でも借入れが手軽に行えるようになりました。

 

サッと借りてサッと返すスタイル

カードローンというと多額の借金を抱えて、返済に追われるイメージを持つ人もまだまだ多いです。無計画に借入ればかり繰り返していては、いずれ限度額に達し、返済額も大きくなってしまいます。

 

しかし、現在カードローン利用者の多くは、10万円未満の少額の借入れでカードローンを利用しています。ちょっとしたお金のトラブルに、必要なだけ借りるスタイルが一般的です。

 

また、カードローンの返済は、毎月少額から行えます。返済の負担が少ないのは助かりますが、完済までの期間が長く、利息もたくさんかかります。そこで増えているのが、借入の一括返済です。カードローンの利息は日割り計算なので、1カ月以内に完済すれば、利息はほとんどかかりません。

 

例えば結婚式の招待などで急に3万円ほど必要になった場合、カードローンでサッと借りて、給料日後にまとめて返済してしまいます。返済の苦労がほとんどないだけでなく、払う利息もほとんど発生しません。

 

契約機を使った手続きで借りれば土日であっても申し込み当日の最短即日融資も可能となる場合があるので、急な出費時には地元の消費者金融が頼れるのです。困ったときには消費者金融札幌市の情報などを参考にしながら、地元の消費者金融を探してみると良いでしょう。

 

銀行のカードローン

生活費などのちょっとしたお金を借りるというと、消費者金融を思い浮かべる人も多いです。最近では銀行でも個人向けカードローンのサービスに力を入れてきています。大手メガバンクもそうですが、地元の地方銀行などでも、積極的に融資を行っています。

 

消費者金融に対して不安があるという人も、銀行ならば安心と考える傾向があります。しかも銀行の方が、消費者金融よりも金利が低い傾向にあります。安心して申込みができて、しかも金利が低いという点で、銀行のカードローンの人気が高まっています。

 

多額の借入れが難しい

多額の負債を抱えて返済不能になるというのは、実はそれ程珍しいものではありませんでした。消費者金融などで借入れを繰り返していると、返済額が膨らんでいきます。結果収入では返済が賄えなくなり、自己破産などに陥るケースもあります。

 

最近のカードローンは、収入に見合わない多額の借入れが難しくなりました。例えば消費者金融では、借入総額が年収の1/3を超える借入れは禁止されています。
これは、借入多寡で返済不能に陥る人が増えたのを問題視し、総量規制によって規制が設けられたためです。

 

一昔前は消費者金融と言えばサラ金での借金とされており、非常にイメージが悪かったものです。しかし時代はかわり、今では身近な金融サービスとしてその地位を確立しているのです。